ミッション!!強靭で柔軟な体と心を手に入れろ!

 

盆前、ピーク半ば。

4階32枚引取りエレベーター無し。

 

さあどうする?

 

職人とともに行き、二人で頑張るべきか?

縫う畳もたくさん。

職人と母に工房をお任せし、一人で行くことに。

 

気温は37度。

 

右手にビーフジャーキー。

 

左手に水。

 

 

僕は覚悟を決めた。

 

 

そしていざ、引き上げ。

 

そんな中思ったこと。

 

普段からの体作りをきちんとしておけば、

こんなにきつくないはずだ。

 

毎日走っていたあの頃の僕ならば、

 

こんなにふくらはぎパンパンではなかったはずだ。

 

 

野球でいうならば、

 

草野球のファインプレイも、

プロ野球じゃ採って当たり前の凡打球。

 

意識が違う。

 

 

目指すところを誤ってはいけない。

 

 

団地仕事は畳屋にとって難所の一つではあるが、

 

 

誰かがやらなければならない。

 

 

多分長友選手なら、笑ってダッシュするだろう。

畳の持ち方は別として。

 

 

社長であると同時に従業員。

 

 

現場に生きる力。

 

 

現場に必要な力を見るためにも、

 

 

強靭で柔軟な体と心が必要だと感じたそんな、

考えすぎで大げさな物語。

 

 

さあ。

 

頑張ろう。

 

 

 

ほっこりしようぜ

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次